サイト内
ウェブ

ANA×ホンダジェット×双日でチャーター事業参入へ ビジネスジェット需要発掘目指す

  • 2018年3月29日
  • 乗りものニュース

ANA HDがホンダジェットを最大限に活用した新規ビジネスジェット事業の開始を発表しました。またこれにあわせ、双日をパートナーにチャーター手配事業の新会社を設立します。

ビジネスジェットを時間有効活用の新しい移動手段に

 ANA HD(ホールディングス)と、ホンダの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニーが2018年3月28日(水)、ビジネスジェットマーケット拡大に向けた戦略的パートナーシップに関する基本合意書の締結を発表しました。また同日、ANA HDとビジネスジェット事業を展開する双日が共同で新会社「ANAビジネスジェット株式会社」を設立し、ビジネスジェットを活用したチャーター手配事業に参入することも、あわせて発表されました。

 これによると、ANAグループは、北米や欧州などにおける「海外渡航先でのチャーター便」にてホンダの小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」を最大限に活用し、ビジネスジェット利用の拡大を図る一方、ホンダ エアクラフト カンパニーは、チャーター運航会社の仲介、ANA便からビジネスジェットへの乗り継ぎ地点における地上支援の構築など、ANAビジネスジェット社が展開するチャーター手配事業を多方面から支援するといいます。

 なお新会社のANAビジネスジェット社は、日本初のビジネスジェット専門旅行会社となります。資本金2億円で、株式構成はANA HDが51%、双日が49%。北米、欧州路線を中心としたANAの定期便からビジネスジェットへの乗り継ぎ便や、日本からダイレクトに目的地まで渡航するチャーター便の手配サービスを実施するとのことです。

 ANA HDの片野坂社長はビジネスジェットの需要について、「実際に我々のお客様にお話をうかがい、こういったニーズを実感してきました。需要はあると思います」と述べています。

ハワイでアイランドホッピングも視野に

 今回、ANA HDが新たにビジネスジェット事業へ参入することになったのは、同社の片野坂社長がホンダ エアクラフト カンパニーの藤野社長と出会ったことがきっかけだったといいます。発表会見に臨んだ藤野社長は、「ビジネスジェットは、欧米ではビジネスツールのひとつで、小型ジェットのビジネス運用が増えています。日本のグローバルネットワークを高めて行く上で、経済性と快適性に優れたホンダジェットが新たな価値観を提供できると思います」としています。

 また、2003(平成15)年より日本で先駆的にビジネスジェット事業を開始した双日の藤本社長は、「日本国内でビジネスジェットの国際線発着回数は10%超の成長率に達しました。成長速度の加速が見込めるなかで、この事業が新たなビジネスジェット拡大の起爆剤になり、ビジネスを成功させる効率的移動手段のひとつとなることを期待しています」といいます。

 ANAビジネスジェットの設立は2018年夏を予定。同年下期に欧州での乗り継ぎ便、2019年度にホノルルでの乗り継ぎ便での運用を目指します。ANAは2019年春に現行最大クラスの旅客機、エアバスA380-900をホノルル線に導入する予定ですが、これに合わせ、ハワイの島々をホンダジェットで巡るアイランドホッピングの需要を掘り起こしたいとしています。

【写真】ホンダジェットのコックピット

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2020 mediavague Co., ltd.