サイト内
ウェブ

新東名で通行止め 東北道は土砂崩れで寸断 台風と大雨 お盆の高速道路を直撃

  • 2022年8月13日
  • 乗りものニュース

中部横断道も通行止めになっています。

新東名が通行止め

 2022年8月13日12時現在、台風8号の接近と北日本の大雨の影響で、高速道路に大きな影響が発生しています。現時点の通行止め区間は次のとおり。

・新東名高速 (上り)藤枝岡部IC→新清水JCT、(下り)新静岡IC→藤枝岡部IC
・中部横断道 (南行き)富沢IC→新清水JCT

 中部横断道の通行止めは故障車によるものですが、同区間も含め、きょうの午後にかけ静岡・神奈川県内の高速道路を中心に通行止め区間が拡大する可能性があると発表されています。

 また東北では、長引く雨の影響で次の区間が通行止めです。

・東北道 十和田IC〜碇ヶ関IC
・秋田道 二井田真中IC〜伊勢堂岱IC、大館北IC〜小坂JCT
・日本海東北道 仁賀保IC〜大内JCT

 東北道では土砂崩れが発生し、土砂が本線上へ流入しています。NEXCO東日本は今後、安全確保のための通行止め区間が増える恐れがあり、また復旧作業にしばらくかかる見込みだとしています。

 なお、北陸道下り線の敦賀IC→今庄IC間も、土砂流入のため通行止めが続いています。

 NEXCO東日本などは、運行計画の変更やお出かけ予定の見直しも検討してほしいと呼びかけています。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2022 mediavague Co., ltd.