サイト内
ウェブ

京急空港線「1時間3本増便」態勢へ 羽田空港駅の改良工事に着手 引上線設置で輸送力UP

  • 2022年8月8日
  • 乗りものニュース

ただが線路1本、されど線路1本。輸送力増強に貢献します。

効率よく列車をさばく設備

 京急電鉄と国土交通省 関東地方整備局は2022年8月8日(月)、京急空港線の終着駅である羽田空港第1・第2ターミナル駅の改良工事に着手したと発表しました。

 この工事は、ホーム終端部で途切れている線路を先へ伸ばし、引上線を新設するものです。これにより、列車を折り返す準備(乗務員交代や点検)を引上線でできるようになり、羽田空港着の続行列車を短時間でホームへ迎え入れることができる態勢となります。

 京急ではあわせて、品川駅を2面4線に拡張する工事も実施中。これらにより、空港線では1時間あたり3本の増便が可能となるといいます。

 工事の完了めどは発表されていませんが、2025年度頃に、引上線の設置に支障となる連絡通路の仮移設が完了予定とのこと。そこから引上線の設置工事へ本格着手する見込みです。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2022 mediavague Co., ltd.