サイト内
ウェブ

ついに発進!「渋谷〜成田空港の格安高速バス」 事前決済で1500円 成田アクセス激変の可能性

  • 2022年8月1日
  • 乗りものニュース

山手線西側の3大ターミナルと成田空港を結ぶ初めての格安高速バス(LCB)が、池袋とともに渋谷からも運行を開始しました。成田へのアクセスはどう変わるでしょうか。

渋谷からも「LCB」発進

 東急バスは2022年8月1日(月)、渋谷と成田空港のあいだに格安高速バス(LCB、ローコストバス)の運行を開始しました。

 運賃は大人片道1900円。渋谷駅からの利用は、東京空港交通が運営する予約サイト「リムジンWeb」にて発車5分前までに予約のうえ事前決済をすると1500円になります(小児半額)。本数は毎日3往復です。

 成田空港のいわゆるLCBは、8社共同で運行する東京駅発着の「エアポートバス東京・成田」(旧東京シャトル、THEアクセス成田を統合)が知られますが、山手線西側の3大ターミナル(池袋、新宿、渋谷)に発着するのは初めて。同日には池袋発着でウィラーエクスプレスら4社の「成田シャトル池袋線」も運行を開始しています。

 ただ、現在は運休しているものの、東急バスはこれまでも二子玉川・渋谷〜成田空港線を運行しています。この路線との違いについて同社は次のように説明します。

「二子玉川・渋谷〜成田空港線は、それぞれのエリアのホテルを回る運行とし、ポーターによるお荷物の積み下ろしなどフルサービスでご案内をしており、多くのインバウンドのお客さまにもご利用をいただいていました。今回のLCBは、サービスを簡素化し、お客さまご自身でお荷物の積み下ろしをしていただいたり、Web事前決済(渋谷発成田空港方向のみ)を導入したりと、極力コストを掛けずに運行する形態をとっています」

 ちなみに、運行開始を8月1日にしたのは、「夏季期間中の国内での移動需要を取り込むため」とのこと。インバウンド需要の回復が未だ見通せないながらも、「国内移動で成田からLCCをご利用になるお客さまは戻りつつありますので、その方々もターゲットとしております」ということです。

N'EX減便 渋谷〜成田空港直通は「神」かも

 渋谷〜池袋からのLCBが運行を開始したことで、成田空港のアクセスが大きく変わる可能性があります。

 前出の通り成田空港のLCBは東京駅発着が人気を博していたところ、2016(平成28)年からは、ウィラーや京成バスらが大崎駅発着の「成田シャトル」を運行していました。渋谷駅などからの利用も視野にあった路線ですが、この大崎駅発着の路線は現在運休しています。

 鉄道はどうでしょう。渋谷駅から成田空港に直結するJRの特急「成田エクスプレス」はおおむね1時間に1本。他には、地下鉄半蔵門線で押上まで行き、京成の「アクセス特急」に乗り換えるといった手段があります。2022年2月からは、「京成スカイライナー」の一部が青砥に停車するようになり、アクセス特急との乗り換えで時短も可能になりました。

 このルートは半蔵門線に直通する東急田園都市線ユーザーには特に便利そうですが、やはり複数回の乗り換えはネックになるといえるでしょう。

 こうしたなか、渋谷から(事前決済なら)1500円で成田空港まで直通できる今回のLCBに期待する声もあるようです。あるいは、渋谷からの便が運行していない時間帯に、東急東横線〜地下鉄副都心線の直通で池袋へ出てLCBを利用する、といった選択も可能になります。

 東急バスは渋谷からのLCBについて、「開業後のご利用状況を確認し、需要状況に応じて増便などの計画は立てていきたいと考えております」としています。

※一部修正しました(8月1日19時37分)。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2022 mediavague Co., ltd.