サイト内
ウェブ

綱島駅前と新綱島駅“一体化”へ 変わるバス乗り場 中華店居抜きBTは消滅へ

  • 2022年7月24日
  • 乗りものニュース

2024年度から解体工事が始まる予定です。

個性的な2つのバスターミナルどうなる

 東急東横線・綱島駅東口にある、2つの「名物バスターミナル」が様変わりすることになりそうです。

 横浜市は8日、東急東横線の綱島駅東口の再開発について、都市計画決定と変更を実施したと発表。雑居ビルの並ぶ区画を一新し、複合高層ビルや交通広場を含むターミナル機能の強化を図るとしています。

 その再開発にともない見納めとなるのが、個性的な「7番のりば」です。街の片隅のバス1台分の空き地にバス停が設けられ、隣の雑居ビルの1階が、いわば「居抜き物件」として、待合室となっています。川崎鶴見臨港バスの鶴見行き「鶴03」「綱23」系統がここから発着します。

 待合室があるテナントは、もともと「キングチャイナ」という中華料理屋でした。しかし2020年に閉店すると、臨港バスがビルごと購入。側面の壁にドアを設置し、待合室からバスのりばへ直接行けるようにしたのです。

 綱島駅の今後について、臨港バスは「具体的な移転先はまだ決まっていませんが、新綱島駅の開業に合わせ、新たなバスのりばとなる予定です」としています。

 横浜市の計画では、解体工事の着手は2024年。東急新横浜線の開業が2023年3月なので、再開発工事が始まる前に、バスターミナルは新天地で営業されることになります。

 いっぽう、綱島駅高架下のバスターミナルも、バスがバックで入場する、いわば「スイッチバック式」の個性的な構造となっています。こちらは今回の再開発エリア外のため、本事業で撤去されることはありません。

 しかし横浜市によると、ここを発着するバスは、1日約800便のうち半数程度が、新綱島駅前のバスのりばを発着するようになる計画だといいます。これをふまえ、スイッチバック式のターミナルを今後どうしていくかを含め、バス事業者等と検討を進めているとしています。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2022 mediavague Co., ltd.