サイト内
ウェブ

鹿児島初飛来のJAL新鋭機「A350」 ミッションを終え帰京 離陸の様子が神々しすぎる!

  • 2022年6月12日
  • 乗りものニュース

鹿児島空港の独特な背景とのカップリング、激レアです!

「遊覧チャーター」の初ミッションを終え

 2022年6月12日朝に鹿児島空港に初めて飛来した、JALの最新鋭フラッグシップ「エアバスA350-900」。この機が鹿児島での”初ミッション”を終え、同日17時すぎ、羽田空港に向け鹿児島空港を飛び立ちました。

 JALのA350-900は、ボーイング777国内線仕様機の後継機として2019年より導入。現在は16機体制で国内線に就航し、主に羽田〜新千歳、福岡、那覇線など「国内幹線」向けで使われています。同型機では客室仕様が一新され、国内線ファースト、クラスJ、普通席の3クラスを配し、全席に個人モニターやUSBポート、電源コンセントを設置し、全クラスで新仕様シートを導入しました。

 今回飛来したA350-900はJALへの導入2号機「JA02XJ」。胴体後部にシルバーの文字で「A350」と大きく描かれているのが特徴です。このシルバーのカラーは「革新」を示すとのことです。

 この日鹿児島空港開港50周年企画として、JALと阪急交通社が、A350-900を用いた同空港発着の遊覧チャーターフライト企画を実施。JA02XJはその担当機としてやってきました。チャーターフライトでは富士山遊覧を始めとする各種企画が実施されたほか、地元の小学・高校生向けに機内の見学会なども実施されています。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2022 mediavague Co., ltd.