サイト内
ウェブ

ちっちゃいアリアvsまんまeKクロス 日産と三菱の「軽EV」 路線分かれる

  • 2022年5月20日
  • 乗りものニュース

どっちが好き?

日産と三菱の軽EV発表

 日産と三菱自動車は2022年5月20日(金)、軽自動車のEV(電気自動車)として日産「サクラ」、三菱「eKクロスEV」をそれぞれ発表しました。

 既存の日産「デイズ」、三菱「eKスペース」「eKクロス」と同様に、サクラとeKクロスEVも日産と三菱の合弁会社であるNMKVが手掛け、三菱の水島製作所で生産されます。ただ、路線は少し異なります。

 日産サクラは、星野朝子副社長が「リーフ、アリアに続く」とするなど、これまでのEVの系譜を強く意識しています。車名は「日本の電気自動車の時代を彩り、代表するクルマとなって欲しい」との願いから社内公募で決定。フロントのデザインは、SNSでも「アリアのちっちゃい版」との声があるなど、アリアとの相関性を感じさせます。

 一方で三菱は、「SUVテイストの軽自動車であるeKクロスシリーズに新たに設定するEVモデル」との位置づけ。あくまでeKクロスで“ガソリン車とともに、EVも選べる”ようにしたわけで、EVならではの特別感は強く打ち出されていません。この違いは両モデルのコンセプトカーの段階から分かれていました。

 価格はサクラが233万3100円〜(補助金活用で約178万円〜)、eKクロスEVが239万8000円〜(同184.4万円〜)です。アプローチは異なれど、EVの本格普及につながるか、注目されます。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2022 mediavague Co., ltd.