サイト内
ウェブ

「新金線」に185系走る! 運行区間は松戸〜銚子 区民団体がクラファンで支援募る

  • 2022年5月21日
  • 乗りものニュース

「乗ってみたい」の声に応えます!

新金線に「乗ってみたい」 どうせなら185系で…

 東京都葛飾区内を南北に結ぶ貨物線「新金線」に、特急「踊り子」などで使われた185系電車が貸切列車として走ります。

 地元有志による「新金線いいね! 区民の会」が2022年7月3日(日)に貸切運行を企画しています。運行区間は「松戸〜銚子」の往復235km。常磐線から新金線を経由し、総武本線に入って銚子へ向かうというものです。

 ただ、「ノンポリ・ノービジネス・ノーギャラを貫いてきた区民の会が、手弁当でそのすべての料金を賄うことは厳しく……」とのことで、その費用の一部をクラウドファンディングで募る支援プロジェクトを「crafun.jp」にて、5月21日(土)18時50分に立ち上げるといいます。

 新金線は総武線(新小岩信号場)と常磐線(金町)を結ぶ貨物線で、列車の運行が少なくなっていることから、葛飾区がLRT(ライトレールトランジット)として旅客化する検討を進めています。「新金線いいね! 区民の会」は、その新金線を広く知ってもらい、旅客化を盛り上げるべく活動する区民団体です。

 これまで新金線沿線ウォーキングや沿線クリーン作戦などを実施してきたといいますが、参加者からは、「いつも見てるだけで、一度乗ってみたい」という声が多かったそう。そこで、JR東日本に185系の貸切列車運行を打診し、認めてもらったといいます。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2022 mediavague Co., ltd.