サイト内
ウェブ

東武 7形式の車両に記念ロゴマーク掲出 東上線車両はダブルヘッドマークに

  • 2022年5月17日
  • 乗りものニュース

634型のみ9月30日までです。

100系スペーシアは車体側面に掲出

 東武鉄道は、2022年5月18日(水)から2022年11月30日(水)までの期間に、「東京スカイツリータウン(R)開業10周年記念ロゴマーク」と「東武百貨店池袋店開業60周年記念ロゴマーク」をあしらったヘッドマーク等を掲出した車両を運行します。

 東武スカイツリーライン・伊勢崎線・日光線・東武アーバンパークライン系統の車両には「東京スカイツリータウン(R)開業10周年記念ロゴマーク」をヘッドマークまたは側面エンブレムとして掲出。東上線系統の車両には「東京スカイツリータウン(R)開業10周年記念ロゴマーク」と「東武百貨店池袋店開業60周年記念ロゴマーク」のヘッドマークを掲出します。

 掲出車両は、東武スカイツリーライン・伊勢崎線・日光線・東武アーバンパークライン系統では634型1編成、100系2編成、70000型5編成、70090型5編成、8000型2編成です。このうち100系2編成(特急スペーシア 「雅」および「日光詣カラーリング」)は側面エンブレムとして掲出します。

 東上線系統は50000型5編成と50090型5編成です。いずれも準備が整った車両から順次運行を開始します。

 なお、634型のみ掲出期間は2022年9月30日(金)までです。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2022 mediavague Co., ltd.