サイト内
ウェブ

行くな!「ホワイトアウト」各地で発生 吹雪による通行止め相次ぐ

  • 2022年2月21日
  • 乗りものニュース

台風並みに発達した低気圧の影響により、北日本を中心に猛吹雪となっている箇所があります。これにより道路も大混乱。視界が極めて悪い「ホワイトアウト」により、重大な事故も起こっています。

ホワイトアウトで立ち往生、死者も

 2022年2月21日(月)16時30分現在、北日本を中心に、猛烈に発達した低気圧の影響による吹雪が広い範囲で発生しています。

 NEXCO東日本によると、東北地方の高速道路では、東北道をはじめ5路線8区間が通行止め。いずれも吹雪によるものです。

 北海道では道央道の落部〜室蘭、札幌南〜札幌、札樽道・後志道の全線hが通行止め。午前中よりも道央圏を中心に範囲が拡大しました。

 また関越道も、群馬・新潟県境付近で通行止めが発生しています。

 国土交通省が管理する国道などでも、吹雪のなか渋滞やスタック(立ち往生)が発生しています。岩手県内の国道4号は、東北道の通行止めを受けて複数区間で渋滞が発生。福島県と山形県のあいだでは、東北中央道の福島大笹生IC〜米沢北IC間が通行止めになっているほか、並行する国道13号も一時通行止めになりました。

 北日本を中心に、視界が極めて悪い、いわゆる「ホワイトアウト」の現象が各地で報告されています。北海道北斗市内の函館江差道では、ホワイトアウトのなか午前7時頃に多重事故が発生し、死者が出ているほか、長い車両滞留が発生。北斗追分〜北斗茂辺地IC間で通行止めが続いています。全車両の解放には時間がかかることから、函館開発建設部では災害対策本部を設置し、誘導などにあたっています。

 国土交通省をはじめ道路管理者は、不要不急の外出を控えるよう呼び掛けています。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2022 mediavague Co., ltd.