サイト内
ウェブ

「片翼の飛行機」は実在したのか? それが奇跡といえる理由

  • 2021年9月2日
  • 乗りものニュース

飛行機は左右の翼が対になって備わっているのが一般的ですが、これまで片翼の機体は存在したのでしょうか。翼の役割や、そのバランスから考えても設計的にはまずあり得ませんが、結果的にその形でも地上に降りられた事例が存在します。

設計上はない…その難しさとは

 ほとんどの飛行機は、胴体を挟むように左右の翼が対になって備わっています。もちろん、それぞれの翼に役割があり、機体全体のバランスで飛行できるように設計されていますが、航空機の歴史において、その常識を覆した事例が存在するのです。

 そもそも、それぞれの翼はどのような役割を果たしているのでしょうか。翼はおもに3つのパートに分けることができます。

 いわゆる「水平尾翼」として知られる胴体後方を左右に貫く尾翼は、おもに機首を上下させる役割をもちます。胴体後部の上に生えるように、水平尾翼と直角に交わる「垂直尾翼」は、おもに機首を左右に振る役割をもちます。

 そして一番大きな「主翼」は、機体が空を飛ぶのに不可欠な空気の力を発生させること、そして機体の横向きの動きを制御することがおもな役割です。主翼には多くの場合、その一部が下側に折れ曲がることで、空気を作る力を増大させる動翼装置「フラップ」がついていますが、これは主翼後方内側にあることが一般的です。

 また、多くの飛行機の主翼には、機体を左右に傾けるための動翼装置「エルロン」も備わります。これは、左右の翼の一部が互い違いに上下に曲がることで、左右の翼に発生する空気力を変化させるというもの。上に曲がったほうは下方向への、下に曲がったほうは上方向への力が働くことで、機体が傾くといったメカニズムです。

 このように主翼は、さまざまな面でフライトの“扇の要”となるパーツです。これを片方のみ設けるといった意図的な変形レイアウトが採用された事例は、これまで皆無といっても過言ではありません。ただ程度の差はあれど、実は主翼が片方なくなりその機能を失ってしまった状態にもかかわらず、フライトを完遂できたケースが存在するのです。

国内でも海外でもあたった「片翼の奇跡」

 第二次世界大戦前の中国戦線で、旧日本海軍の樫村寛一操縦士が操縦する九六式艦上戦闘機「樫村機」が、中国戦線での空中戦で中国軍機と空中接触し、左翼の翼端から三分の一程度を切り取られてしまいましたが、その後約600km飛び無事帰還しました。当時この出来事は、記録映画や絵葉書になるほど有名になりました。

 なぜ操縦できたかは筆者も疑問に思うところではあるものの、有力な説があります。九六式艦上戦闘機のエルロンは3か所のヒンジで主翼とつながっているのですが、絵葉書にもなっている樫村機の写真を見ると、切断された部分は2個目のヒンジより外側で、2か所のヒンジは生きているとも考えられます。ここは、三菱重工の元設計副主任・曽根嘉年氏も著書で「二か所のヒンジがあれば操縦できるのでは」と述べているところです。

 このほか、アメリカでは2015(平成28)年に、右の主翼を空中接触で失ったオクラホマ州空軍のF-16が無事帰還した例なども報告されています。

 これらは主翼がないというより、“主翼が欠けた”に近いケースでしたが、長い航空の歴史においては、これよりもっと”完全な片翼“に近かった事例もありました。

 1983(昭和58)年にイスラエル空軍は、南部のゲネヴ砂漠で、飛行場の防衛のための軍事演習が実施され、A-4「スカイホーク」攻撃機とF-15戦闘機が模擬戦闘中に衝突したのです。「スカイホーク」は空中分解しパイロットは脱出、一方でF-15は2名をのせたまま10マイル(約16km)離れた最寄りの飛行場へなんとか着陸します。実はこのとき、右主翼は外側の翼の部分で切断されていましたが、なんとパイロットは着陸するまで、片翼状態に気づかなかったとも。これは、損傷した胴体から吹き出した燃料が、視界を遮っていたためとされています。

 ただ、片翼で無事にたどり着いた例は100年以上の飛行機の歴史でこの程度しかなく、まさに奇跡ともいえるでしょう。ちなみに、ヘリコプターなどの回転翼航空機は、主翼が回転していることから、一枚でもバランスを崩すと航空機としては飛行できないというのが一般的な見解です。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2021 mediavague Co., ltd.