サイト内
ウェブ

逆さスカイツリー&弓矢スカイツリーの絶景! カヌーから見る別世界な東京 体験気軽に

  • 2021年9月4日
  • 乗りものニュース

東京オリンピックでカヌー・スラローム種目は東京都江戸川区の競技場で開催されましたが、実はカヌーは都心の川で手軽に楽しむこともできます。水面近くから見る景色はいつもの風景とは違う別世界でした。

初めてのカヌーにドキドキ

 東京オリンピックにて、2大会連続のメダル獲得を目指した羽根田卓也選手の奮闘も話題になったカヌー・スラロームは、都心に近い江戸川区内の競技場で行われました。多くの川や水路がある東京23区東部は、初心者でも気軽にカヌーで水上散歩ができるツアーが開催されています。

 今回体験したのは「Outdoor Sports Club ZAC」が主宰する、その名も「スカイツリーカヌーツアー」です。カヌーを浮かべるのは江戸川区と墨田区、江東区の境を流れる旧中川。荒川から分かれる穏やかな川なので、初心者でも安心だそうです。事前のレクチャーも含めて所要時間は約1時間40分。スカイツリーのビューポイントまで往復します。

 このツアーは、大人同伴であれば4才から参加可能ということで、かなりハードルは低いはずなのですが、まったくの初心者の私(古屋啓子)は未知の世界にドキドキです。

●いざ乗船 転覆したら「上を向け」

 ツアーは朝9時にスタート。まずはガイドさんからパドルの使い方など、カヌーの基本を教わります。パドルは両手で肩幅より少し広いくらいの間隔で持ち、腕を後方に返すように右、左……と漕いでいくこと。右を漕げば左前方に、左を漕げば右前方に進むので、その間を調整しながら進んでいくイメージだそうです。

「初めてだとパドルを水に深く入れてしまいがちなので、なるべく寝かせるように」「ブレーキをかけたい時はパドルを水中に深く差し込んで前方に押し出すように」といったコツを聞きしばらく練習をしたら、ライフジャケットをつけて、いざ乗船です。

 ツアーの基本は2人用のカヌーです(プラス料金で1人用のカヌーも用意してもらえます)。まずは後方に同行者が、続いて私が前に乗り込みます。スキー場のリフトでも乗るときが一番ドキドキしますが、ガイドさんがしっかり押さえてくれているので、ほぼ揺れず。「乗船後は足をがに股に開き、両膝をカヌーの内側につけると安定しますよ」とのアドバイスを実践したことで、乗った後も安心できました。

 ちなみに、今までここで転覆した例はないそうですが、万が一水に落ちたら、まずは空を見ること、つまり上を向くのが大事だそうです。当たり前のことのようですが、パニックになったらとっさにはできないのかもしれません。

視界は別世界! カルガモと同じ視点?

 カヌーに乗り込むと、今まで立っていた足下あたりに視点がくるので、まずこれが新鮮です。そしていよいよ出発。スムーズに進むには前後で同じタイミングで漕ぐのがポイントということで、同行者と「右、左、右……」と声を合わせながらパドルを動かします。

 すると、あまり力を入れていないのに意外なほどスーッと進みます。流れの穏やかな川なので、上流に向かっているのにほとんど抵抗感もありません。ガイドさんの指示に従って「右、左、右……」を繰り返し、 “案外いい調子?”などと思い始めたところで、船首が思わぬ方に向き焦ってしまいます。「急がずのんびり行きましょう」と、こちらのペースで漕がせてくれたので、次第にコツがつかめてきました。

 旧中川は、地元高校のボート部やボート協会の練習場になっているそうですが、この日はあまり他の船が通らなかったため、ゆっくりと練習することができました。もし他の船が通るようなら、カヌーを右側に寄せてやり過ごせばいいそうです。「船は万国共通で右側通行」ということも、初めて知りました。

 晴天に恵まれたこの日は気温も30度近くまで上がっていたものの、川の上は風が通ってそれほど暑くは感じません。けれども、やはり炎天下。橋の下に入っては日陰で休憩し水分補給をします。初心者は神経が舳先とパドルに集中しているため喉の渇きを忘れがちなのだそうです。

 旧中川の両岸は遊歩道が整備されていますが、橋の下の光景を楽しめるのはカヌー体験ならでは。休憩を挟みつつ漕いでいくと、浅瀬を泳ぐカルガモや、川岸で魚を狙うサギ、クイの上で羽を乾かすカワウなども目にすることができました。

圧巻の“逆さスカイツリー”

 首都高7号線下付近から緩やかにカーブする旧中川を上流へ向かって漕いでいくと、左手のマンションの陰からいきなり東京スカイツリーが顔をのぞかせます。運良く風も止み、川面には見事な「逆さスカイツリー」が出現。青空と雲も映って、日本のウユニ塩湖とまで言いたくなるほどの美しさです。

 さらに近づくと、スカイツリーが水色のアーチ橋「ふれあい橋」と重なって、弓につがえた矢のように見える瞬間も。水上からでなければ決して見られない光景です。

 ふれあい橋をくぐったところで、ツアーは折り返します。これ以上進むと「帰りは運動部のように漕がなければならない」というので、のんびり帰ることにしました。ちなみに、このツアーでは希望すれば、ただゆったりと浮かんでいるだけでもいいそうです。

 約1時間半のカヌー体験を終えて下船すると、いきなり地上は酷暑。川の上の涼しさが、早くも恋しくなりました。なお、Outdoor Sports Club ZACの「スカイツリーカヌーツアー」は、基本2名での参加で、費用は大人1人5500円。ガイド代のほかカヌー、パドル、ライフジャケットのレンタル代を含みます。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2021 mediavague Co., ltd.