サイト内
ウェブ

「史上初の完全電気飛行機」貨物機としてデビューへ DHLが発注 実は貨物機にピッタリ?

  • 2021年8月4日
  • 乗りものニュース

2024年デビューを予定しています。

30分以内に充電可能

 飛行機などを用いた貨物輸送を手掛けるDHL Expressは現地時間2021年8月3日(火)、シアトル地区をベースとするスタートアップ企業Eviation社が手掛ける完全電気飛行機「アリス」を12機発注したと発表しました。

 Eviation社は「アリス」を「史上初の完全電気飛行機」と称しており、今年後半の初フライトを予定しています。この機は1人のパイロットで飛行可能で、1200kg(2600ポンド)を運ぶことができ、815km(440海里)の最大航続距離を持ちます。

 飛行時間あたりの充電は30分以内で、「DHL Expressのタイトなスケジュールにおいても素早い離発着を可能にする」(DHL Express)ほか、搭載されている電気モーターは「信頼性を高め、メンテナンスコストを削減するために可動部品が少なくなっている」(DHL Express)とのことです。

 DHL Expressは、初めて「アリス」を注文した航空会社とのこと。同社は「私たちの脱炭素化の旅における非常に重要なステップであり、航空業界全体にとっての一歩です」とコメントしています。DHL Expressへの納入は、2024年を予定しています。

【バナナみたい…】動くDHL仕様の「アリス」

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2021 mediavague Co., ltd.