サイト内
ウェブ

「西武新宿線vs池袋線」都心進出をめぐる争いも今や昔【鉄道ライバル戦記】

  • 2021年6月8日
  • 乗りものニュース

西武新宿線と西武池袋線は、同じ鉄道会社にもかかわらず大部分が付かず離れずで並行しています。その理由は、それぞれの出自と密接な関係があります。

延々と平行する2路線の「長い因縁」

 西武新宿線と西武池袋線はどちらも所沢駅を出たあと、お互いに付かず離れずの距離で都心を目指します。さらに、所沢から西方向へは、互いの位置関係が逆になり、新宿線所沢〜狭山市、池袋線所沢〜入間市の区間でほとんど並走する形になっています。

 ターミナル駅こそ違うものの、同じ西武電車の路線が同じ方向にルートを取るのは、不思議な感じがします。しかし、かつて2路線が別の会社だったという歴史を紐解いていくと、このような形になるのは必然だったことがわかります。

 西武の"中心地"・所沢に最初に鉄道が敷かれたのは1895(明治28)年です。この年、川越鉄道の国分寺〜川越間(現・本川越)が全通しました。現在の西武国分寺線と新宿線東村山以北にあたる部分です。

 このルートは都心と川越とを直接結ぶ最初のルートとなりました。というのも、当時のJR中央線は甲武鉄道という私鉄で、川越鉄道は国分寺駅から甲武鉄道へ乗り入れすることで、都心を目指したのです。その名残として現在も、西武国分寺線の国分寺駅は、JRの駅とほぼ一体化しています。

 しばらく順調な経営が続いた川越鉄道ですが、誤算が生まれます。1906(明治39)年、甲武鉄道が国に買収され、官設(国有)鉄道の一部になってしまうのです。川越鉄道との直通もあえなく打ち切られてしまいました。

 さらに、ライバルとなる鉄道が次々に開業します。同じ1906年、川越電気鉄道が川越〜大宮間で開業(現在のJR川越線とは別ルート)し、路面電車の運転を開始します。ただし速度があまりに遅く、事故も多発したため、大宮経由で都心に向かう客はそう多くはなかったようです。

 次に、1914(大正3)年には東上鉄道(現在の東武東上線)が池袋〜川越町(現・川越市)〜田面沢間を開業し、都心直結の新路線として川越鉄道の脅威となりました。

 そして最大のライバルとなったのが武蔵野鉄道です。1915(大正4)年、武蔵野線(現在の池袋線)池袋〜飯能間が開業しました。狭山地域や所沢で川越鉄道とほとんど並行するため、川越鉄道は生き残りをかけて対策を迫られることとなりました。

リベンジを図る都心直通新線

 鉄道業界を取材した当時の書籍によると、「1910(明治43)年に川越鉄道は『自衛的経営』のため、入曽駅から西へ分岐し、元加治村を経由して飯能へ向かう新路線の建設計画を発表、国へ許可を申請した」などとあります。武蔵野鉄道の計画ルートと完全に並行する「宣戦布告」とも言えるルートでしたが、こちらは結局実現することはありませんでした。

 川越鉄道はその後、経済の荒波に飲まれます。川越電気鉄道と合併した武蔵水電に吸収された後、帝国電灯にさらに吸収され、1922(大正11)年に鉄軌道部門のみ(旧)西武鉄道(以下、「旧」は省略)として独立します。そして西武鉄道は、都心へ向かう新たな路線の建設を目指します。

 西武鉄道は1927(昭和2)年、高田馬場〜東村山間を開業。紆余曲折を経て、ようやく独自の都心直通路線を持つに至ります。

 紆余曲折の一つが、西武鉄道の当初のルートであった都電杉並線の淀橋(新宿)〜荻窪間の免許取得です。あわせて別会社が持っていた吉祥寺〜箱根ヶ崎間の免許も獲得した西武鉄道は、一気に路線敷設にかかる構えでした。ちなみに、都電杉並線は当時「西武軌道」という会社が経営する私鉄路線でしたが、これが西武鉄道の社名の由来ともなっています。とはいえ、新宿〜荻窪〜箱根ヶ崎ルートは地理的要因などにより、実現することはありませんでした。

 さて、西武鉄道と武蔵野鉄道は狭山地域〜所沢〜都心の直接のライバルとして、いよいよ激しい旅客獲得争いが繰り広げられました。特に所沢駅は両社の共用となっていましたが、駅の運営などは西武鉄道が行っていたため、一説ではきっぷの発行をめぐって「自社に有利に働いている」「いや言いがかりだ」などといった諍(いさか)いも現場で生まれたという話もあります。

 時間は少し戻り、1920(大正9)年、実業家の堤康次郎が箱根土地を設立。すでに軽井沢のリゾート開発も進めていた彼は、武蔵野鉄道の利便性に目をつけ、大泉地区で「学園都市」を掲げた宅地開発を進めていきます。この沿線開発を背景として、西武鉄道と武蔵野鉄道のライバル争いは「第2ラウンド」を迎えることになります。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2021 mediavague Co., ltd.