サイト内
ウェブ

ANAグループが新会社設立 「時空を超える旅客機」テーマの新事業 監修は『FF』田端氏

  • 2021年5月20日
  • 乗りものニュース

ノ○ティス「やっぱ凄えわ」

3つのサービスで構成される「スカイホエール」

 航空会社のANA(全日空)などを傘下に持つANA ホールディングスが2021年5月20日(木)、スマートフォン、タブレットなど各種端末からアクセス可能な旅のバーチャルトラベルプラットフォーム「スカイホエール(SKY WHALE)」の開発・運営を担う「ANA NEO」を設立すると発表しました。

 同社が開発する「スカイホエール」のコンセプトは、「時空を超える旅客機」。このサービスは、以下の3つで構成されます。

・Sky パーク:3DやCGによって描かれた世界の様々な都市や絶景スポットを舞台に、新しい旅行体験を利用者に提供する。
・Sky モール:空港でのショッピング、エンターテイメントをイメージしたバーチャルショッピング空間で越境インターネット通販サイトを実現する。
・Sky ビレッジ:バーチャルにおけるスマートシティの実現を目指して、バーチャル上での医療・教育・行政などのサービス展開を予定する。

※ ※ ※

 総合プロデューサーには前職でロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジーXV』を世界的に成功させたJP GAMES 株式会社の田畑 端氏が就任します。サービスローンチは2022年の予定です。

 新型コロナウイルス感染拡大下、ANAホールディングスでは、新しいビジネスモデルへの変革に取り組んでいるとのこと。同社はこのサービスを「バーチャル空間における旅行やショッピングなどの消費体験を通じて、リアルを超える体験消費ニーズに応える」ものとしています。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2021 mediavague Co., ltd.