サイト内
ウェブ

日本初「次世代バイオ燃料」をGSで一般販売 従来燃料と同品質・同価格で世に問う

  • 2021年4月9日
  • 乗りものニュース

国産の「次世代バイオ燃料」が初めて市中のガソリンスタンドで一般販売。従来燃料と同品質、かつ、同価格での提供です。排食用油とミドリムシで精製され、CO2削減の一手となることが期待されています。

品質は同等 従来燃料と混ぜてもOK

 ユーグレナ社が製造する、排食用油と微細藻類ユーグレナ(和名ミドリムシ)からつくられたバイオ燃料を配合した次世代燃料の一般販売が、2021年4月9日(金)から3日間、東京のガソリンスタンドで行われます。ミドリムシ入りバイオ燃料の一般販売は、日本で初めてのことです。

 場所は東京都葛飾区の水戸街道(国道6号沿い)にある「セルフかつしか6号店」。スタンド内で提供される軽油とハイオクが、全て「バイオディーゼル」「バイオハイオク」となっていました。価格は従来の燃料と全く変わらず、ふだんと同様に給油できます。

 今回提供されているバイオディーゼルは、通常の軽油に植物由来であるユーグレナ社のバイオ燃料が10%配合されており、CO2(二酸化炭素)の排出量を従来より10%削減できるといいます。品質については、法令やJIS規格に照らして従来の軽油と同等だと認められているそうです。

 なお、「バイオハイオク」については、バイオディーゼルの製造過程でできるバイオナフサを活用した燃料を、通常のハイオクガソリンに3%混ぜたものだそう。ライフ白銅の山田広太郎社長によると、スタンドの地下タンク内に貯蔵している従来燃料と混ぜても、またそのあとに従来燃料を継ぎ足しても、全く問題ないといいます。

ホントはお値段「1Lで1000円」 大盤振る舞いだった!

 昨今いわゆるカーボンニュートラル社会の実現へ向けた機運が急速に高まっていますが、全ての車両をEV(電気自動車)やFCV(燃料電池車)などに置き換えるのは困難。ユーグレナ社の出雲 充社長はバイオ燃料について、「クルマを買い替えことなくCO2を削減でき、これまで築き上げてきたガソリンスタンドというインフラをそのまま活用できる」点がメリットだといいます。

 ただ現状、ユーグレナ社のバイオ燃料は供給体制を構築している段階で、まだまだコスト高。同社が製造するバイオディーゼル燃料は1Lで1万円します。これを軽油に10%混ぜた今回の燃料は、本来であれば1Lあたり約1000円ですが、今回はユーグレナ社が負担する形で、従来燃料と同価格で提供することになりました。

「(バイオ燃料を)クルマに入れて故障しないか、あるいはガソリンスタンドにとっては、タンクを掃除しなければいけないのか、様々な不安が当然あります。まずは従来燃料と同価格で、これまでと全く変わりないことを体験いただき、これをきっかけに環境のことを考えていただければ」(ユーグレナ 出雲社長)

 これまでユーグレナ社の燃料は、一部の路線バスや配送車、フェリー、タグボートなどへ供給されてきましたが、「供給量がまだまだ足りない」(出雲社長)とのこと。同社は横浜市にある製造プラント以外にも、国内外に燃料の製造拠点とミドリムシの生産拠点を拡大する構えです。

 ちなみに、従来型のバイオ燃料は、品質の観点からも軽油に5%しか混ぜられませんでしたが、ユーグレナのバイオ燃料は10%までOK。技術的には100%も可能だそうです。また排食用油とミドリムシの配合割合についても、どちらを引き上げても同品質を確保できるといいます。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2021 mediavague Co., ltd.