サイト内
ウェブ

被災の東北新幹線へ「北陸新幹線の架線柱」を提供 工事の余裕分を融通して支援

  • 2021年2月18日
  • 乗りものニュース

14本が現地へ送られました。

迅速な復旧の手助けに

 鉄道・運輸機構(JRTT)は2021年2月18日(木)、福島県沖地震で被災した東北新幹線の復旧を支援するため、北陸新幹線の金沢〜福井間の延伸工事に準備している架線柱を被災箇所へ提供したと発表しました。

 JRTTはJR東日本から要請を受け、北陸新幹線の工事スケジュールに影響のない分である鋼管柱14本の提供を決定。2月16日に福井を出発、翌17日に郡山へ到着したとのことです。

 JRTTは過去にも、阪神大震災や東日本大震災の際に技術支援に協力。現在も熊本地震の影響で一部区間が不通となっている南阿蘇鉄道の復旧に技術支援を行っています。 

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2021 mediavague Co., ltd.