サイト内
ウェブ

爪を高速振動 進めマルチプルタイタンパ 守れ東海道新幹線の要注意点「線路の石」

  • 2020年11月5日
  • 乗りものニュース

東海道新幹線は、営業列車が通る区間のほとんどが、石を敷き詰めた「バラスト軌道」。その石が流出してしまったという想定で、「マルチプルタイタンパ」が現れました。東海道新幹線の安全安定輸送を縁の下でさせる力持ちです。

震えるマルタイの爪

 レールが石の上に敷かれている線路「バラスト軌道」。列車通過時、石(バラスト)がクッションのようになることで、衝撃吸収や荷重分散、騒音低減といった機能を発揮します。

 コンクリートの上にレールを敷く「スラブ軌道」などの線路構造と比べ、建設コストが低い、排水性がよい、などが特徴です。

 ただバラスト軌道は構造上、強度が比較的低く、大雨や大地震によって石が流出するおそれもあります。

 2020年11月5日(木)、JR東海はこの「大雨によるバラスト流出」を想定した復旧訓練を、東海道新幹線の三島車両所(静岡県三島市)で実施しました。

 バラストが流出した線路へ、それを人力で入れ直したところで現れた「マルチプルタイタンパ(マルタイ)」。レールを枕木ごと持ち上げつつ、細かく振動する爪をバラストの中へ突き刺すことにより、バラストとレールを適正な状態へ整えるマシンです。

「マルタイ」はバラストの中へ「ガッ」と爪を差し込み、震わせたのち、爪を引き上げて少し前進。これを繰り返し、最後に人の手で整えて、きれいなバラスト軌道が復活しました。

 1964(昭和39)年と開業時期の古い東海道新幹線はほかの新幹線と異なり、営業列車が通るほとんどの区間で、この昔ながらのバラスト軌道を採用(橋梁部などは除く)、終電後にこの「マルタイ」が始動して、「石」と「レール」を整え、新幹線の安全と快適さを縁の下で支えています。

30年前に発生 「ジオテキバッグ」などの工夫

 この訓練は、JR東海が毎年恒例で行っている大規模訓練「東海道新幹線 総合事故対応訓練」のひとつとして実施されました。ただ、こうした「バラスト流出」を想定した訓練を行うのは、今回が初めてだといいます。

 JR東海 新幹線鉄道事業本部の大山隆幸本部長によると、東海道新幹線でのバラスト流出は30年前、1990(平成2)年9月の台風以来、発生していないそうですが、近ごろ豪雨災害が増えていることから今回、その復旧訓練を実施したそうです。

 なお東海道新幹線では、線路のバラストの横や内部に、ネット状の袋にバラストをつめた「ジオテキバッグ」、簡単にいえば土嚢のようなものを設置して杭で止める、またバラスト軌道の脇にコンクリート板で壁をつくるといった、バラスト軌道の強度を高める工夫をしているそうです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2021 mediavague Co., ltd.