サイト内
ウェブ

新路線「芳賀・宇都宮LRT」車両が着々と製造中 2022年開業予定

  • 2020年10月21日
  • 乗りものニュース

流線形の外観が明らかに!

 宇都宮市は2020年10月20日(火)、建設が進められている「芳賀・宇都宮LRT」について、車両の製造風景を公開しました。

 車両は先頭が流線形となっている、3両編成の低床車両。2018年7月に外観デザインが決定されたあと、製造が進められていました。2020年度末には1編成目が納車され、その後車両の愛称募集や、乗車体験のイベントが予定されています。

 車両には常に空気を入れ替える循環システムを採用。走行するための電気には、近隣のゴミ処理施設「グリーンパーク茂原」で焼却熱を利用したクリーンエネルギーが活用されます。

「芳賀・宇都宮LRT」はJR宇都宮駅と芳賀町の工業団地などを結ぶ、14.6kmのLRT(次世代型路面電車システム)。開業は2022年3月を見込んでいます。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2020 mediavague Co., ltd.