サイト内
ウェブ

ホンダ、2021年シーズンをもってF1参戦終了

  • 2020年10月2日
  • 乗りものニュース

リソースを「環境」に投入するといいます。

 ホンダは2020年10月2日(金)、FIAフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)への参戦を、2021年シーズンをもって終了すると発表しました。17時からのオンライン記者会見で明らかにしました。

 同社はF1に2015年から参戦。航空機エンジン技術の活用などホンダグループの総合力を発揮することで高い競争力を実現してきたといいます。また、「Red Bull Racing(レッドブル・レーシング)」「Scuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ」とのパートナーシップのもと、2019年シーズンは3勝、2020年シーズンは2勝を挙げています。

 しかし一方で、自動車業界の転換期においてホンダは、最重要課題とする環境への取り組みとして、持続可能な社会を実現するために「2050年カーボンニュートラルの実現」を目指しており、燃料電池車(FCV)やバッテリーEV(BEV)など、将来のパワーユニットやエネルギー領域での研究開発に経営資源を重点的に投入していく必要があるといいます。

 F1で培ったエネルギーマネジメント技術や燃料技術、研究開発の人材をパワーユニット・エネルギー領域に投入し、将来のカーボンニュートラル実現に集中し取り組んでいくために、今回、F1への参戦を終了するという判断をしたということです。

 ホンダは「モータースポーツ活動はホンダのDNAであり、これからも熱い想いを持って、参戦しているカテゴリーでのNo.1を目指し、チャレンジを続けていきます」と説明。八郷隆弘代表取締役社長は「今回の会見は、カーボンニュートラルの実現に向けての新たな決意表明でもある」とコメントしています。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2020 mediavague Co., ltd.