サイト内
ウェブ

京急、ロングシート・クロスシート切替座席・トイレ付1000形を投入へ

  • 2021年1月20日
  • 鉄道新聞

京急電鉄はこのほど、車内設備を一新した新造車両を導入すると発表した。


京急の車内設備を一新した新造車両 外観イメージ


座席指定列車や貸切イベント列車に対応できるようロングシート・クロスシート切替可能座席を採用、座席幅はウィング号等で使用している2100形より10㎜拡幅、乗務員室後方にクロスシートを設置し前面展望席が復活する。また京急車両では初めてバリアフリー対応の洋式トイレや全座席にコンセントを設置し、通勤時の利便性を向上させる。


クロスシート状態(製作中)


形式は1000形で車両番号は1891-1〜1891-4・1892-1〜1892-4の2編成。導入時期は2021年春を予定している。詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


ロングシート状態(製作中)


クロスシート完成イメージ


ロングシート完成イメージ


最終製作中の様子


車内トイレイメージ




リンク


京急ニュースリリース

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) 2021 鉄道新聞社 記事・写真の無断転載を禁じます。