サイト内
ウェブ

Suicaが入場券に JR東日本、「タッチでエキナカ」開始へ

  • 2021年1月19日
  • 鉄道新聞

JR東日本はこのほど、Suicaなどの交通系ICカードを入場券のように利用できる新たなIC入場サービスを開始すると発表した。


「タッチでエキナカ」利用イメージ(JR東日本ニュースリリースより)


交通系ICカードをエキナカ施設の利用や送迎などの目的で在来線の駅構内に入場する際に利用できる。「Suica」などの交通系ICカードで同一駅の自動改札機を2時間以内に入出場した場合に本サービスが適用され、利用料金は自動改札機を出場時に入金(チャージ)残額から自動精算する。


サービス開始日は2021年3月13日(土)初電より。サービス対象箇所はJR東日本Suicaエリア(首都圏・仙台圏・新潟圏)の同社各駅在来線改札内で、料金はきっぷの入場券と同額(電車特定区間の駅:140円、それ以外の駅:150円)。詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。




リンク


JR東日本ニュースリリース

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) 2021 鉄道新聞社 記事・写真の無断転載を禁じます。