サイト内
ウェブ

JR東日本、新幹線でリモートワーク推奨車両の実証実験を実施へ

  • 2020年12月15日
  • 鉄道新聞

JR東日本とKDDIはこのほど、分散型まちづくり「空間自在プロジェクト」の実現に向け基本合意書を締結したと発表した。


新幹線ワークプレイスイメージ


両社は場所・時間に捉われない働き方やくらしを重視する分散型社会を実現するため、従来の拠点集約型の都市づくりから、交通のリアルネットワークと通信のバーチャルネットワークを融合させることによって分散型まちづくりの在り方について検討する。


取り組みの1つ「サテライトシティ(日本各地)の開発」の実証実験では、移動中においても効率的に働ける環境づくりを目指し、新幹線車両の一部をリモートワーク推奨車両として個別の通信回線を提供し、働く機能としての利用者ニーズの把握を行う。詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。




リンク


JR東日本ニュースリリース

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) 2021 鉄道新聞社 記事・写真の無断転載を禁じます。