サイト内
ウェブ

都営三田線に新型車両「6500形」デビューへ

  • 2020年10月29日
  • 鉄道新聞

東京都交通局はこのほど、都営三田線で22年ぶりとなる新型車両「6500形」を導入すると発表した。


都営三田線に導入される新型車両「6500形」外観

都営三田線に導入される新型車両「6500形」外観


従来の6300形車両は6両編成だったが、6500形は三田線初の8両編成となる。全ての車両にフリースペースを設置、ラッシュ時にスムーズな乗降ができるよう乗降口脇のスペースを広くする。吊手や手すりの数を充実させ、低い吊手や荷物棚を設置。座席幅を広げ、大型化した見通しの良い仕切りを採用する。


都営三田線の新型車両「6500形」車内


6500形は13編成投入する。2020年11月に1編成が搬入され試験調整等を行った後、2022年度にデビューし6300形を順次置き換えてゆく予定。詳細は同局ホームページ内リリースに掲載されている。


省エネルギー化や車両情報管理装置、セキュリティについて




リンク


東京都交通局ニュースリリース

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) 2021 鉄道新聞社 記事・写真の無断転載を禁じます。