サイト内
ウェブ

東京メトロ丸ノ内線に新型車両「2000系」を導入へ

  • 2018年3月26日
  • 鉄道新聞

東京メトロはこのほど、約30年にわたり活躍している丸ノ内線02系に代わる新型車両2000系を導入すると発表した。

丸の内線新型車両2000系の車両外観イメージ

丸の内線新型車両2000系の車両外観イメージ

銀座線1000系で培った技術を更に発展させた最新技術を採用し、インパクトのある形状や四季に映える鮮やかなグローイング・スカーレット(Glowing Scarlet)を車体カラーに取り入れるなど斬新なデザインとする。

約1.4倍の冷房能力を持った冷房装置を導入し、一人あたりの座席幅を拡大し座り心地を向上。1編成6両全ての車両にフリースペース、小物が置けるテーブルや荷物掛け、携帯電話など小電力の充電が可能なコンセント(2口)を設置する(メトロ初)。

丸の内線新型車両2000系の車内イメージ

丸の内線新型車両2000系の車内イメージ

2019年2月から運行を開始し、2022年度までに53編成318両を導入する予定。詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。

車端部の丸窓、テーブル、荷物掛け、コンセント

車端部の丸窓、テーブル、荷物掛け、コンセント

丸の内線新型車両2000系四ツ谷駅付近での走行イメージ

丸の内線新型車両2000系四ツ谷駅付近での走行イメージ

丸の内線新型車両2000系四ツ谷駅付近での走行イメージ

丸の内線新型車両2000系四ツ谷駅付近での走行イメージ


キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) 2021 鉄道新聞社 記事・写真の無断転載を禁じます。