サイト内
ウェブ

JR九州、「YC1系」導入へ 蓄電池搭載型ディーゼルエレクトリック車両

  • 2018年1月26日
  • 鉄道新聞

JR九州はこのほど、蓄電池搭載型ディーゼルエレクトリック車両「YC1系」の開発および製作を進めていると発表した。

「YC1系」は同社初の蓄電池のエネルギーを有効活用した省エネ型車両で、最新技術のディーゼルエレクトリック車両となる。出入り口には足元のホームを照らす照明を設置、室内にダウンライトタイプのLED照明を採用する。

「YC1系」の搬入時期は2018年6月を予定、営業運転および量産化にむけた走行試験を実施し、性能を評価してゆく。駆動システム概要など詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) 2021 鉄道新聞社 記事・写真の無断転載を禁じます。