サイト内
ウェブ

九州 冷たい秋雨 局地的に激しく降るおそれ

  • 2020年9月24日
  • tenki.jp

きょう24日(木)は、低気圧が九州南岸付近へ近づくため、九州各地で冷たい秋雨が降るでしょう。特に、熊本県や九州南部は雷を伴い局地的に激しく降るおそれがありますので、雨の降り方にご注意下さい。

九州南部を中心に激しい雨

画像A

きょう24日(木)は、西から近づく低気圧の影響で、九州は朝から広い範囲で雨が降っています。低気圧は前線を伴って、今夜は九州南岸付近へ進むでしょう。低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため雨雲が発達しやすく、九州南部や熊本県は雷を伴い局地的に激しい雨が降り、多い所では100ミリを超える大雨になるおそれがあります。この時季としては雨量が多くなりますので、落雷や雨の降り方にご注意下さい。

九州北部 10月中旬から下旬並みの気温

九州北部もまとまった雨となり、冷たい北東風が吹くため、日中もあまり気温が上がらない見込みです。予想最高気温は22度前後と10月中旬から10月下旬並みで、季節を1か月ほど先取りし日中もひんやりとするでしょう。おでかけの際は長袖の服や上着を持っていくなど、秋の装いがよいでしょう。

海上は強風・高波に注意

海上や沿岸は北よりの風がやや強く、波が高い所が多いでしょう。また、九州南部や大分県では、関東の南東海上を北上する台風12号からのうねりが入る見込みです。船や釣りなどは強風や高波にご注意下さい。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp