サイト内
ウェブ

台風発生?沖縄に接近か 北日本は低温注意

  • 2018年6月14日
  • tenki.jp

熱帯低気圧が台風に発達して、あす15日には沖縄の先島諸島に接近する予想です。このため、沖縄は大荒れの天気となるでしょう。一方、北日本は冷たい空気に包まれるため、低温に注意が必要です。関東も空気がひんやりで、日中も羽織る物が必要でしょう。

あすは台風発生か 南西諸島は大荒れに

日本の南から南西諸島には、梅雨前線がのびています。また、南シナ海には熱帯低気圧があり、東よりに進んでいます。このため、南西諸島は前線や暖かく湿った空気の影響を受け、大雨となっています。このあと、この熱帯低気圧は台風となり、南西諸島に近づく予想です。
あすも南西諸島は雨や風が強い状態が続き、大荒れの天気となりそうです。雷を伴って非常に激しく降る所もあるでしょう。あすの夕方までに予想される雨量は、沖縄地方の多い所で180ミリとなっています。土砂災害、低い土地の浸水や河川の増水、高波に警戒するとともに、強風に注意が必要です。

北日本は低温に注意

北日本には、オホーツク海に中心を持つ高気圧からの冷湿な空気が流れ込んでいます。このため、北海道や東北北部を中心に平年より気温が大幅に低くなっています。気温が低い状態は、あすも続く見込みです。最低気温は10度以下の所が多いでしょう。昼間は日差しが出る所があるものの、最高気温は20度に届く所はあまりなく、冷たい空気に包まれたままです。農作物の管理などにご注意ください。

関東は梅雨寒で空気ひんやり

きょう14日の関東地方は、東京都心や前橋で最高気温が25度以上の夏日となりました。ただ、あすは暑さが一転、ひんやりとした一日となりそうです。あす15日は、北東から冷たく湿った空気が関東に流れ込む見込みです。最高気温はきょうよりグッと下がり、東京都心で20度、さいたまや前橋で21度と、4月下旬並みの予想です。季節が逆戻りします。日中も一枚羽織ってお出かけください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp