サイト内
ウェブ

あす9日 台風が発生し沖縄に接近 お盆休みに影響も

  • 2020年8月8日
  • tenki.jp

あす9日(日)には熱帯低気圧が台風に変わり、沖縄に接近。お盆を迎える日本列島に雨や猛暑など影響がありそう。

あす 沖縄は荒れた天気 東北は前線停滞で大雨に

画像A

あす9日(日)は、熱帯低気圧から変わる「新たな台風」が沖縄に接近。沖縄本島地方と宮古島地方は局地的に1時間に40ミリの激しい雨が降り、警報級の大雨となるおそれがあります。また風も強まるでしょう。あさって10日(月)にかけて大雨や強風、高波に十分注意をして下さい。
一方、東北付近には前線が停滞し、前線上の低気圧が通過。北陸や東北は昼過ぎにかけては断続的に激しい雨が降り、大雨になるでしょう。きょう8日とあす9日の2日間に降る雨の量は、平年8月のひと月の8割以上の大雨になる所がありそうです。これまでに降った雨で地盤が緩んでいる所もあります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫に警戒して下さい。

猛暑の列島に さらに熱い空気

画像B

熱帯低気圧から変わる台風は、今後の動向に注意が必要です。お盆にかけてどんな影響があるのでしょうか。
【暑さ】
台風が北上するにしたがって、熱帯育ちの熱い空気が日本列島にも流れ込んできます。お盆の頃は関東を中心に猛暑日地点が急増しそうです。埼玉県や岐阜県など内陸では最高気温が40度近くまで上がる可能性もあり、体温を超えるような暑さになるでしょう。外での活動は控えるなど、できる限りの熱中症対策をして下さい。
【雨】
今週北海道に記録的な大雨をもたらした台風4号から変わった低気圧と同様に、低気圧となって再び発達し、大雨をもたらすことも考えられます。今後、台風になって沖縄に接近したあと、上陸するなどの直接の影響はなくとも、最新の台風情報を確認して下さい。

画像C

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp