サイト内
ウェブ

西日本・東日本 大雨警戒 明るいうちに安全な場所に

  • 2020年7月24日
  • tenki.jp

きょう(24日)九州北部に大雨をもたらした発達した雨雲は、今夜にかけて東にも広がります。西日本と東日本は同じような場所で雨雲がかかり続けるため、雨量が多くなりそう。明るいうちに安全な場所に移動を。

九州から東海 明るいうちに行動を

画像A

きょう(24日)の未明から九州北部には発達した雨雲がかかり、熊本県天草市牛深では1時間に86.5ミリ、長崎県雲仙岳では1時間に85.5ミリの猛烈な雨が観測されました。12時30分現在、九州や中国、四国で活発な雨雲がかかっていて、バケツをひっくり返したような激しい雨の降っている所があります。
これらの雨雲は西日本にかかり続け、滝のような非常に激しい雨が同じような場所で降り続くおそれがあります。急に周りの状況が悪化することも考えられます。危険であれば迷わず安全な場所に避難して下さい。
また今夜にかけて東海や長野県も次第に雨脚が強まります。夜遅くからあす(25日)にかけては、局地的に雷を伴って激しい雨が降りそうです。雨が強まる前の明るい時間に、避難所や親戚の家など身の安全が確保できる所に移動をすることも検討して下さい。

日曜日にかけて 前線停滞

画像B

あす(25日)は山陰から近畿にかかる前線が北陸から東北付近まで北上する予想です。26日(日)にかけても同じような場所に前線が停滞するため、九州から東北は雨が続くでしょう。雨の降り方に強弱はあるものの、西日本を中心に総雨量が多くなりそうです。
11時発表の予想降水量(多い所)では、あす25日正午までの24時間に九州北部は120ミリ、九州南部は300ミリ、四国で350ミリとなっています。さらに、あす25日正午からあさって26日正午にかけて、九州南部と四国ではさらに150ミリの大雨が予想されています。
土砂災害には厳重に警戒し、低い土地の浸水や川の増水・氾濫に警戒して下さい。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp