サイト内
ウェブ

土曜夜は日本海側で 日曜は関東など太平洋側で激しい雨 梅雨明けまだ?

  • 2020年7月18日
  • tenki.jp

土曜夜は北陸など日本海側で雷雲や雨雲が発達。日曜は東海や関東で再び激しい雨の降る所があるでしょう。月曜以降も曇りや雨の日が多く、梅雨が長引きそうです。

土曜夜は日本海側で激しい雨や雷雨に

画像A

18日(土)の午前中は、梅雨前線や前線上の低気圧の影響で、静岡県や関東南部で非常に激しい雨や激しい雨の降った所がありました。一方、昼頃からは上空に寒気を伴った気圧の谷の影響で、北陸周辺で雷雲がわきはじめました。
夜は、中国地方から北陸、東北の日本海側で雷雲や雨雲が発達しやすいでしょう。局地的には道路が川のようになるほど激しく降りそうです。

日曜は太平洋側で激しく降る

画像B

18日(土)は、梅雨明けを思わせる青空が広がった所も、19日(日)は再び雲が増えるでしょう。九州から近畿も再び雨具が必要になる所が多く、九州北部では昼頃から局地的に激しい雨や雷雨となりそうです。東海や関東も沿岸部を中心に激しい雨の降る所があるでしょう。これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があり、川は水かさが増えています。崖などの急な斜面や増水した川にはむやみに近づかないようにしてください。

梅雨明けまだ?

画像C

20日(月)は太平洋側で晴れ間の広がる所があるものの、長続きしません。21日(火)以降、次の週末にかけても九州北部から関東甲信、東北は曇りや雨の梅雨空が続くでしょう。待ち遠しい梅雨明けですが、再来週以降にずれこむ可能性があります。
ただ、雲が多くても日が差す日は気温がグンと上がり、厳しい暑さが予想されます。梅雨明けを前に、猛暑日に迫るような所もありそうです。梅雨時は前線のちょっとした位置の違いで、雨の降るエリアや気温の予想が変わってきますので、最新の天気予報をチェックしてください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp