サイト内
ウェブ

九州 いったん大雨の峠越えるも 引き続き警戒を

  • 2020年7月8日
  • tenki.jp

いったん大雨の峠を越えた九州地方ですが、8日夜は、また九州南部から激しい雨のエリアが広がってくる見込みです。九州は、3日からの雨量が多い所で1000ミリを超える記録的大雨となっていて、広い範囲で地盤が緩み、川の水かさも増しています。また、浸水している地域もあります。雨がやんだあとに土砂災害がおこることもありますから、危険な場所へは近づかないでください。

きょう8日 日中は種子島・屋久島地方で非常に激しい雨のおそれ

画像A

昨夜遅くからきょう8日明け方にかけて、九州各地に猛烈な雨を降らせた雨雲の帯は、九州の南岸へといったん南下しています。このあと8日日中は、この雨雲の帯がかかる種子島・屋久島地方で非常に激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害に警戒が必要です。

8日夜 南から再び激しい雨のエリア広がる

今夜(8日夜)、梅雨前線に伴う雨雲の帯は、再び九州南部へと北上し、南から雨脚が強まってきます。8日夜11時には、熊本県の芦北地方や球磨地方にも激しい雨を降らせる雨雲がかかる予想となっています。さらに、あす9日は福岡県や佐賀県など九州北部でも、再び激しい雨が降るおそれがあります。九州は、これまでに降った大量の雨で地盤が緩み、川の水かさも増しています。土砂災害や河川の氾濫などに、引き続き厳重な警戒が必要です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp