サイト内
ウェブ

8日も 九州〜東北 災害に警戒 雨が一旦弱まっても気を抜けない状況

  • 2020年7月8日
  • tenki.jp

きょう8日も九州から東北にかけて雨。地盤の緩んでいる所、増水している川が多く、今後、たとえ少しの雨でも新たな災害が発生するおそれ。

九州北部は未明に川が氾濫 岐阜県と長野県には大雨特別警報

九州は、昨夜〜きょう未明にかけて北部に猛烈な雨を降らせるような雨雲が集中的にかかり、大分川と、筑後川上中流部では氾濫が発生しました。活発な雨雲は少しずつ南下し、今朝は南部で雨脚が強まっています。
また、今朝、東海や甲信に活発な雨雲がかかり、午前6時台に岐阜県と長野県に大雨特別警報が発表されました。すでに何らかの災害が発生している可能性が高い状況です。

午前中 広範囲に活発な雨雲

九州から東北にかけて、断続的に雨。特に午前中は雨雲が発達しやすく、あちらこちらで激しい雨(1時間30ミリ以上)が降るでしょう。局地的には、滝のような非常に激しい雨(1時間50ミリ以上)が降りそうです。

予想される雨の量(10日午前6時まで)

あす9日午前6時までの「24時間」に予想される雨量は、いずれも多い所で、東海で300ミリ、近畿と九州南部で200ミリ、関東甲信で180ミリ、四国で150ミリ、北陸で100ミリ。
あさって10日午前6時までの「48時間」に予想される雨量は、いずれも多い所で、東海で350〜450ミリ、近畿で250〜350ミリ、九州南部で200〜400ミリ、四国と関東甲信で200〜300ミリ、九州北部で150〜250ミリ、北陸と東北で100〜150ミリです。

雨が弱まったり、やんだとしても 危険な状況は続く

画像D

図は、きょう8日午前7時現在の土砂災害の危険度。紫の「極めて危険・非常に危険」な地域では、すでに速やかな避難が必要な状況。赤く色付けられた地域は準備が整い次第避難を開始(高齢者等は速やかに避難)、黄色は避難行動を確認し、いざという時への備えをしておく必要があることを示しています。
また、九州や、岐阜県、長野県を中心に、水位が上昇している川が多くなってきています。
もし、雨がいったん弱まったり、やんだとしても、災害の危険の高い状態は続きます。いま、避難先でお過ごしの方は、安全が十分に確保されるまでは無理にご自宅付近へ戻らないようにしてください。
各地とも、気象情報や避難に関する情報に留意し、可能な限り早めの行動を。避難をする際は、周囲の状況を十分確認し、極力、一人ではなく複数で、長靴(水が入ると動きにくくなる)ではなくスニーカーなどで、両手を空けた状態で行動するようにしてください。
避難所へ向かうことが却って危険な場合には、ご自宅内の崖や川から離れたできるだけ高い所で、身の安全を確保するようにしてください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp