サイト内
ウェブ

九州 8日にかけてさらに大雨となるおそれ

  • 2020年7月7日
  • tenki.jp

九州は3日降り初めからの雨量が多い所で800ミリを超え、この数日で7月ひと月の雨量を大きく上回る記録的な大雨となっています。地面は大量の水を含み、氾濫が発生している河川があるという危険な状況で、まだ予断を許しません。九州は、今夜からあす8日にかけて、さらに300ミリを超える大雨が降る恐れがあり、土砂災害や河川の氾濫、低い土地の浸水などに厳重な警戒が必要です。

次々に流れ込む活発な雨雲

画像A

現在、熊本県を中心に、鹿児島県や宮崎県に活発な雨雲がかかっており、局地的に滝のような雨が降っています。また、活発な雨雲は九州の西の海上にも広がっており、九州北部へ近づいています。雨がいったん小康状態となっている長崎県や佐賀県、福岡県、大分県でも、今夜にかけて再び激しい雨が降りだす見込みです。

あす朝にかけて 九州各地で非常に激しい雨のおそれ

画像B

8日午前0時の雨雲の予想では、九州の北から南まで広い範囲に活発な雨雲が予想されています。九州は、これから再び雨の範囲が各地に広がり、8日朝にかけて局地的に非常に激しい雨や猛烈な雨が降るでしょう。土砂災害や洪水の危険度が一段と高くなる恐れがあり、厳重な警戒が必要です。
大雨は、普段見慣れた場所を危険な場所に変えてしまいます。特に、土砂災害や洪水、浸水の危険が高い場所にお住まいの方で、現在、避難が可能な状況であれば、明るいうちに身の安全を確保できる場所へ移動しましょう。気象台や自治体から発表される情報や周辺の様子に十分注意し、行動するときはためらわないことが大切です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp