サイト内
ウェブ

九州北部 長時間続く大雨に最大級の警戒を

  • 2020年7月7日
  • tenki.jp

福岡県、佐賀県、長崎県には引き続き大雨特別警報が発表されており、土砂災害などに対して最大級の警戒が必要です。
梅雨前線はあす8日朝にかけて、対馬海峡に停滞した状態が続く見込みです。前線の位置が変わらないため、九州北部にはこの後も次々と活発な雨雲が流れ込みます。繰り返し非常に激しい激しい雨あるいは猛烈な雨が降り、総雨量はさらに増えていきます。九州北部では長時間にわたる警戒が必要となっています。

梅雨前線、対馬海峡に停滞

梅雨前線はきのう6日から対馬海峡に停滞しており、梅雨前線に沿って東シナ海から九州北部に次々と雨雲が流れ込む状況が続いています。
このため、九州北部では長時間にわたって雨が降り続き、記録的な大雨となっています。大雨特別警報が発表されている福岡、佐賀、長崎の3県に加え、熊本県や大分県にも活発な雨雲が流れ込み、1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降っている所があります。
同じような場所で長時間、大雨が降っているため、九州北部では広い範囲で土砂災害の危険度が高くなっており、川は水位が高くなっています。

長時間にわたり身の安全の確保を

画像B

梅雨前線は、あす8日朝にかけても対馬海峡付近に停滞し続け、その後、あす8日夜にかけてはゆっくりと九州を南下する見込みです。梅雨前線の位置がほとんど変わらないため、九州北部ではあす8日朝にかけても繰り返し非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨が降る恐れがあります。
土砂災害や洪水の危険度が非常に高い状態がこの後も長時間にわたって続くことが予想されます。土砂災害の危険がある山やがけ、増水した川などには近づかず、身の安全の確保を続けてください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp