サイト内
ウェブ

東北 夜間の大雨に警戒

  • 2020年7月6日
  • tenki.jp

メイン画像

東北もあすにかけて日本海側を中心に大雨の恐れ。夜間の災害に備えて、明るいうちの準備を。

梅雨前線に伴う雨雲が北上中

画像A

一番上の図は午後1時現在の雨雲の様子です。東北南部まで梅雨前線に伴う雨雲がかかり、福島県の浜通りで雨脚が強まりました。あすにかけて梅雨前線は東北付近へ北上する見込みです。今夜には東北の全域に雨雲がかかり、局地的には1時間に30ミリ以上と、バケツをひっくり返したような激しい雨が降り、雷を伴う所もある見込みです。あすにかけても断続的に激しい雨が降り、特に、福島県の会津〜山形県や秋田県〜岩手県の内陸などを中心に大雨になる恐れがあります。
【24時間に予想される雨の降る量(多いところ)】
〜あす午前6時
東北 日本海側 100ミリ
東北 太平洋側 80ミリ
あす午前6時〜あさって午前6時
東北 日本海側・太平洋側とも 50〜100ミリ
土砂災害に警戒するとともに、川の増水や低い土地の浸水などに十分な注意・警戒が必要です。
落雷や突風にもご注意ください。

寝ている間に大雨の恐れ

目先の雨のピークは今夜からあす明け方になる所が多く、お休みの時間帯と重なる恐れがあります。崖や川の近くなど災害の危険度が高い地域にお住まいの方、高齢の方や体が不自由な方で避難に時間のかかることが想定される場合などは、気象情報や自治体からの情報をこまめに確認して、暗くなる前に早めの行動を心がけましょう。
また、避難は「難」を「避ける」こと。安全な場所にあるご親戚・ご友人のお宅に移動するのも避難の方法のひとつです。自宅が安全な場所にある場合は無理な外出がかえって危険な場合もありますし、避難所に行くことがすべてでもありません。ただ、危険が迫っている場合は躊躇なく最寄りの避難所へ逃げてください。コロナ禍の避難に備えて、マスクやアルコールなどの衛生用品、体温計なども用意しておくと良いですね。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp