サイト内
ウェブ

鹿児島県に線状降水帯 命を守る行動を!

  • 2020年7月6日
  • tenki.jp

梅雨前線が対馬海峡へと北上し、活動を強めています。九州は広い範囲に活発な雨雲が発生しており、特に、鹿児島県鹿屋市周辺では、活発な積乱雲が線状に連なった、いわゆる線状降水帯が停滞している状況。きょう6日未明からの雨量がすでに300ミリ近くに達し、土砂災害や浸水、洪水の危険が、警戒レベル4相当の「非常に危険」なレベルとなっている所があります。また、4日に記録的大雨となった熊本県南部や鹿児島県薩摩地方でも、再び土砂災害など危険が高まってきており、九州はあす7日にかけて厳重な警戒が必要です。

鹿児島県鹿屋市周辺で猛烈な雨 命を守る行動を!

対馬海峡に北上した活発な梅雨前線に向かって非常に湿った空気が流れ込んでいる九州。大気の状態が非常に不安定になっており、活発な雨雲が発生しています。特に、鹿児島県鹿屋市周辺では活発な積乱雲が線状に連なった線状降水帯が停滞している状況で、きょう未明から午前9時までの雨量がすでに300ミリ近くに達し、土砂災害や浸水、洪水などの危険度がかなり高まっています。すでに避難が危険な場合は、自宅の中でも崖や川から離れた部屋の、2階以上に移動するなど、命を守る行動をとって下さい。

九州 あす7日にかけて線状降水帯発生のおそれ続く

対馬海峡に停滞する梅雨前線に向かって非常に湿った空気の流れ込みが続くため、九州はあす7日にかけて大気の状態が不安定。新たな場所に線状降水帯が発生するおそれが続きます。線状降水帯が停滞すると、数時間でひと月分に相当するような記録的豪雨が降ることがあり、土砂災害などの危険が一気に高まります。九州は、これからあす7日、さらにあさって8日にかけて、多い所で300ミリから400ミリに達する大雨となる恐れが続きます。気象台や自治体から発表される情報に十分注意し、危険な状況になる前に安全を確保するよう心がけて下さい。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp