サイト内
ウェブ

北陸 金曜日は梅雨寒 日曜日は梅雨の晴れ間の部分日食日和

  • 2020年6月18日
  • tenki.jp

梅雨前線が再び本州の南岸まで北上し、活動が活発に。あすにかけて福井から新潟の広い範囲で雨が降り、梅雨寒の所がありそうです。

あす19日(金) 雨と梅雨寒の一日

画像A

今夜からあす19日(金)にかけて本州の南岸にのびる梅雨前線上を低気圧が進み、前線の活動が活発になりそうです。あすにかけて広い範囲で雨が降り、前線に近い福井県を中心に一時雨脚の強まることもあるでしょう。雨の降り方に注意してください。
また、蒸し暑さから一転、あすは北風に変わり日本海から冷たい空気が流れ込むため、気温はきょうより大幅に下がり梅雨寒になる所もありそうです。体を冷やさないよう、服装で上手に調節してください。

日曜日は梅雨の晴れ間の部分日食日和

画像B

梅雨前線は20日(土)には本州の南海上まで南下しますが、日本海から冷たく湿った空気が流れ込む影響で雲が広がりやすく、富山県や新潟県では午前中を中心に雨の降る所があるでしょう。日差しが弱く、肌寒さが続きそうです。
一方、21日(日)は高気圧に覆われて、梅雨の晴れ間が期待できそうです。
21日(日)は夏至。そして、午後5時頃をピークに、月が太陽の前を通ることで太陽の一部が欠けて見える「部分日食」が起こります。北陸地方は梅雨の晴れ間が広がり部分日食日和となりそうです。観察する際は目を傷めないよう必ず日食観察用のグラスや遮光板などを用意しましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp