サイト内
ウェブ

東北で今年初の猛暑日 真夏日地点も続々と

  • 2020年6月10日
  • tenki.jp

きょう10日、福島市で最高気温が35度を上回りました。東北では今年初の猛暑日となりました。

東北で今年初の猛暑日

きょう(10日)は、北海道から北陸、関東にかけて強い日差しが降り注いでいます。気温は朝からグングン上がりました。福島市では、午後1時前に最高気温35.2度を観測し、東北地方では今年初めて最高気温が35度以上の猛暑日となりました。福島市で猛暑日になるのは、気温の観測記録が残る1889年以降、4番目の早さとなります。(最も早い記録は1988年5月20日。)
そのほか、午後1時までに福島県石川町でも最高気温が35度を上回りました。

熱中症に注意を

全国の広い範囲で気温が上がっています。午後0時40分までに、全国920余りのアメダス地点のうち、約280地点で最高気温が30度以上となっています。こまめに休憩をとったり、水分を補給したりするほか、屋内でも無理をせずに冷房を使用するなどして熱中症にならないようにお気をつけください。また、屋外で人と一定の距離を保てる場合には、マスクを外すことも熱中症を予防するための1つの方法です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp