サイト内
ウェブ

九州 たった半日でひと月分の雨 土砂災害に厳重警戒

  • 2020年5月16日
  • tenki.jp

16日、九州に発達した雨雲がかかっています。宮崎県えびの市の加久藤では12時間降水量が200ミリを超え、たった半日でひと月分以上の雨量になりました。

九州 非常に激しい雨 5月の1位の記録を更新

16日、九州付近は前線の影響で、大気の状態が不安定になっています。発達した雨雲がかかり、未明に鹿児島県鹿屋市吉ケ別府で1時間に74.0ミリ、鹿児島市喜入で71.5ミリの非常に激しい雨を観測しました。鹿児島市喜入では5月としては統計開始以来1位の記録を更新しました。

12時間降水量 200ミリ超も

宮崎県えびの市の加久藤では12時間降水量の日最大値は8時30分までに260.0ミリで、5月としては統計開始以来1位の記録を更新しました。5月の降水量の平年値が235.2ミリで、たった半日で、ひと月分以上の雨が降ったことになります。
すでに地盤の緩んでいる所があり、昼前も発達した雨雲がかかっている所があります。熊本県では命に危険が及ぶ土砂災害がいつ発生してもおかしくない非常に危険な状態です。土砂災害に厳重に警戒して下さい。熊本県天草市では氾濫危険水位を超えている河川があります。低い土地の浸水、河川の増水や氾濫にも警戒が必要です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp