サイト内
ウェブ

19日 東北・三陸沿岸で大雨、暴風など大荒れ 九州や四国で夜は激しい雨

  • 2020年4月19日
  • tenki.jp

きょう19日は、東北の三陸沿岸は岩手県を中心に大雨や暴風など大荒れ。九州から四国は次の低気圧の影響で、夜は局地的に雨や雷雨。激しい雨の降る所も

きょう19日(日)の天気 東北の三陸沿岸は大荒れ

低気圧が三陸沖にあって、ゆっくり東に進んでいる影響で岩手県を中心とした三陸沿岸には活発な雨雲がかかっています。きのう(18日:土)からきょう午前6時までの雨量が、岩手県大船渡市で167ミリ、岩手県大槌町138ミリ、宮城県仙台市泉ケ岳で119.5ミリになるなど、わずか半日で100ミリを超えた所があります。このほか、岩手県から福島県にかけての所々で4月の1位となる記録的な雨量を観測しています。
雨雲は、福島県から宮城県中部では離れていますが、宮城県北部から岩手県にかけての三陸沿岸には、まだ活発な雨雲がかかっています。大雨によって、がけ崩れや山崩れなどの土砂災害や川の増水、氾濫、低い土地への浸水に警戒が必要です。
また、低気圧周辺では東よりの風が非常に強く暴風になっているほか、海は高波が発生して大しけになっています。雨や暴風のピークは昼頃まで、大しけの状態は夕方にかけてと予想されています。

19日(日)の天気 北海道と関東甲信、東海 晴れる所が多い

画像B

北海道は、朝は雲が多めですが、次第に晴れてくるでしょう。道南や道東では、午前を中心に霧のかかる所がありそうです。東北は、太平洋側は昼過ぎにかけて雨の降る所があるでしょう。日本海側は、雲が広がりやすい一日ですが、昼頃からは日が差す所がありそうです。関東と東海は、日中は晴れる所がほとんどですが、夕方から夜は雲が広がりやすくなるでしょう。北陸は、雲が広がりやすい一日になりますが、昼頃は晴れる所がある見込みです。

19日(日)の天気 近畿から九州と沖縄 午後から夜は雨や雷雨 激しく降る所が

画像C

近畿から九州と沖縄では、日中晴れる所がありますが、西から低気圧や前線が近づく影響で、天気はゆっくり下り坂に向かいます。
長崎県や佐賀県など九州北部の早い所では、午後にも雨が降り出し、夕方からは九州の全域や山口県で雨になるでしょう。大気の状態が不安定になるため、カミナリを伴って非常に激しく降る所がある見込みです。あす(20日:月)明け方にかけて、局地的に落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に、お気をつけください。四国では、日中晴れる所がありますが、次第に雲が広がるでしょう。夜は次第に雨雲がかかり、発達した積乱雲が近づく所がある見込みです。今夜遅くからあす朝にかけて、落雷、竜巻などの激しい突風、急な強い雨に、ご注意ください。沖縄と中国地方や近畿でも日中晴れる所がありますが、夜は遅くなるほど雨になりそうです。

19日(日)の予想最高気温 北海道や関東と沖縄で5月並みの陽気

きょうの最高気温は、沖縄は、きのうと同じくらいの25度前後で、25度以上の夏日が続く所があるでしょう。九州から中国、四国にかけては、きのうと同じか低い見込みですが、20度前後の気温で過ごしやすいでしょう。近畿や東海と関東甲信、それに北海道は昨日より高い所が多くなり、関東や北海道では5月並みの陽気になる所がありそうです。北陸や東北では、きのうと同じか低いでしょう。10度から15度くらいの所が多く、この時期の気温としては低めになりそうです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp