サイト内
ウェブ

東北 週末は大雨に警戒 海も大しけ

  • 2020年4月17日
  • tenki.jp

東北地方は、18日(土)昼過ぎから19日(日)にかけて太平洋側を中心に大雨となるおそれがあります。海は大しけとなり、暴風や高波に警戒が必要です。

夜間に強まる雨に注意

画像A

18日(土)から19日(日)にかけて、前線を伴った低気圧が発達しながら東北地方に近づくでしょう。低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込む予想です。低気圧や前線付近は大気の状態が不安定で、雨雲が発達し、1時間に30ミリのバケツをひっくり返したような激しい雨や雷雨となるおそれがあります。雨は18日未明から、太平洋側南部で降り出すでしょう。雨脚が強まるのは、低気圧が近づく18日午後からとなり、強い雨域は次第に北部へ広がる予想です。低気圧の動きが遅く、発達した雨雲がかかる時間が長くなりそうです。19日6時までに予想される雨の量は、太平洋側の多い所で100ミリから150ミリです。その後も雨が続き、雨量がさらに多くなる所があるでしょう。危険な崖、増水した川や用水路には近づかないようにしてください。気象情報や自治体からの情報はこまめに確認できるようにしておきましょう。

太平洋側を中心に、東よりの強風 海は大しけ

画像B

低気圧の東の高気圧との間で等圧線が込み合い、福島県、宮城県、岩手県の沿岸部を中心に東よりの強風となる予想です。風に向かって歩きにくく、傘がさせないほどなるでしょう。家の周りで風に飛ばされそうなものは、18日(土)朝までに室内に入れるなど、片付けておきましょう。また、太平洋側を中心に海は波が高くなり、18日(土)の昼過ぎからしけ、19日(日)は大しけとなるおそれがあります。海岸付近には近づかないようにしましょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp