サイト内
ウェブ

四国地方で「春一番」が吹きました

  • 2020年2月13日
  • tenki.jp

四国地方では、昨日2月12日「春一番」が吹きました。

南よりの風が強まる

12日午後から13日明け方にかけて、低気圧が日本海を東北東へ進みました。四国地方では、低気圧に向かう南よりの風が吹き、太平洋側を中心に10メートルを超える風の吹いた所がありました。また、暖かい空気が流れ込んだことで、気温が上昇しました。高松地方気象台は13日11時、四国地方に「春一番が吹きました」と発表しました。なお、四国地方の前回の春一番は、2019年2月19日でした。
12日0時から13日6時までの最大瞬間風速と最高気温は以下の通りです。
高松市 北東の風 5.2m/s(12日12時11分) 12度7分(12日11時29分)
松山市 西北西の風 6.6m/s(13日0時51分) 13度1分(13日0時34分)
徳島市 南南東の風 16.8m/s(13日0時50分) 17度0分(13日2時43分)
高知市 西の風 5.4m/s(12日19時23分) 13度5分(12日11時21分)

四国地方の春一番の条件

四国の春一番の条件は以下の通りです。
・立春から春分まで
・日本海で低気圧が発達
・南よりのやや強い風、最大風速おおむね10m/s以上
・最高気温が前日より高くなる

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp