サイト内
ウェブ

北海道 この冬一番の大雪の恐れ

  • 2020年1月29日
  • tenki.jp

きょう(29日)の北海道付近には、低気圧が発達しながら南から近づき、太平洋側やオホーツク海側を中心に大雪となる恐れがあります。この冬一番の大雪となる地域もありそうです。

今夜 急激に雪の降り方が強まる

今夜(29日)から、網走や帯広などオホーツク海側や太平洋側では、見通しが悪くなるくらい強い雪の降り方となるでしょう。明日の朝6時までの24時間に降る雪の量は、太平洋側の多い所で50センチの見込みです。湿った雪が降るため、電線などへの着雪が発生し、停電につながる可能性もあります。電気が無くても暖を取れるよう、用意をしておくと安心です。また、湿った重たい雪が降るため、農業用施設の管理などにも注意して下さい。夜遅くから明日の朝にかけては浦河など、日高東部で猛ふぶきとなる恐れがあります。猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に警戒してください。

明日 強い雪 長く続く地域も

帯広や釧路など太平洋側は東部を中心に午前は強い雪となるため、交通機関への影響に注意してください。明日(30日)の午後には雪の降り方は弱まりますが、網走や北見などオホーツク海側では、夜にかけて強い雪が長く続くでしょう。明後日の朝6時までの24時間に降る雪の量は多い所で60センチに達する恐れがあります。湿った重たい雪で、雪かきにも時間がかかるでしょう。今年一番の大雪となる地域もありそうです。除雪作業中の事故にも注意してください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp