サイト内
ウェブ

北海道 今週は季節が足踏み状態

  • 2019年12月9日
  • tenki.jp

今朝(9日)の道内は寒気の影響で、今シーズン一番の冷え込みとなりました。ただ、今後は寒気の影響を受けにくくなるため、今週の気温は平年並みか高く、季節の歩みは足踏み状態となりそうです。積雪の多い地域では、屋根からの落雪などに注意して下さい。

寒さが緩む一週間に

昨夜(8日)から今朝(9日)にかけては、十勝地方のぬかびら源泉郷で‐20.5度、宗谷地方の中頓別で‐20.4度まで下がるなど、富士山を除く全国で今シーズン初めて‐20度以下の気温を観測しました。日中も平年より低めの気温となっています。
ただ、明日(10日)から週末にかけては、寒気の影響を受けにくくなるため、最低気温、最高気温ともに平年より4度ほど高い日が多くなるでしょう。
特に明日(10日)から明後日(11日)にかけては、南から暖かい空気が流れ込み、最低気温でもプラスに、最高気温は10度前後まで上がる所もある見込みです。

気温上がって注意点も

道内では、日本海側の内陸を中心に積雪が平年並みかやや多くなっており、上川地方の幌加内町朱鞠内では、午後3時の積雪が103センチと、1メートルを超えています。
屋根からの落雪や雪下ろし作業中の事故、泥はねなど路面状況の変化に注意して下さい。
札幌の午後3時の積雪は7センチですが、この雪も一旦とけるかもしれません。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp