サイト内
ウェブ

18日 大雨の恐れ 被災地は洪水や土砂災害に警戒

  • 2019年10月18日
  • tenki.jp

18日は、東海から九州は、局地的に非常に激しい雨が降りそう。関東も夜は雨が強まり、東北もあすは大雨の恐れ。

東海〜九州 「滝のような雨」の降る所も

画像A

18日は、日本の南に停滞している前線が北上するでしょう。すでに、東海から九州のあちらこちらに雨雲がかかっていて、鹿児島県種子島の中種子町では、午前3時21分までの1時間に、20.0ミリの強い雨を観測しました。
東海から九州では、今夜にかけても、大気の状態が「非常に不安定」でしょう。局地的に、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨になりそうです。これは雨が滝のようにゴーゴーと降り続き、傘は全く役にたたなくなり、車の運転は危険なレベルです。特に、東海地方で雨量が多く予想されていて、19日6時までの24時間降水量は、いずれも多い所で三重県で250ミリ、静岡県で120ミリとなっています。土砂災害などに、警戒が必要です。

東海・関東甲信・北陸・東北 18日夜遅くから 雨が強まる

画像B

一方、活発な雨雲は東へ進むため、東海(静岡県)や関東甲信、北陸、東北(太平洋側)では、夜遅くなればなるほど、雨脚が強まるでしょう。18日夜遅く〜19日昼過ぎにかけて、大気の状態が「非常に不安定」になるため、激しい雨が降り、雨量が増える恐れがあります。18日日中いっぱいは、雨の降り方が弱いですが、雨のピークは夜遅くからでしょう。18日6時から19日24時にかけての総雨量は、いずれも多い所で、伊豆諸島で200〜300ミリ、東海(静岡県)で100〜200ミリ、東北太平洋側と関東甲信で100〜150ミリ、北陸(新潟県)で50〜100ミリです。
台風19号による記録的な大雨となった所では、少しの雨でも、洪水や土砂災害の危険度が高まります。斜面や増水した川には、絶対に近づかないで下さい。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp