サイト内
ウェブ

14日 台風の被災地 再び雨

  • 2019年10月14日
  • tenki.jp

きょう(14日)は、台風19号で河川の氾濫や大きな被害が出ている関東甲信と東北には、再び雨が降るでしょう。少しの雨でも土砂災害などに警戒が必要です。

午後は広く雨

画像A

きょう(14日)は、本州の南岸に停滞する前線や日本海から東進する低気圧の影響で曇りや雨の所が多いでしょう。台風19号の被害が大きかった関東甲信や東北は、少しの雨でも浸水被害が拡大したり、さらなる土砂災害などに警戒が必要です。
【天気】
沖縄や九州、中国、四国は、おおむね晴れるでしょう。近畿は雲が多く、昼前後を中心に雨が降りそうです。東海、関東甲信、北陸、東北は雲に覆われて、午後は雨の範囲が広がるでしょう。午前中は東海や北陸を中心に所々で雨が降りますが、午後は関東甲信や東北も広い範囲で雨が降り出す見込みです。長野北部など雨脚の強まる所もあるでしょう。雨の降り方にご注意下さい。北海道は次第に雲が増えて夜は雨となりそうです。

関東から北はヒンヤリ

画像B

【気温】最高気温は平年並みの所が多いですが、関東甲信、東北はきのうより低く、ヒンヤリ感じられそうです。
九州から近畿はきのうと同じくらいで、25度前後の所が多いでしょう。昼間は汗ばむような所もありますが、朝晩は羽織るものがあると良いでしょう。東海や関東甲信、北陸、東北はきのうより大幅に低い所もありそうです。朝からあまり気温が上がらず、雨に濡れると体温が奪われます。雨や風をしのいで体を冷やさないようにして下さい。北海道は15度前後と、秋の装いが楽しめそうです。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp