サイト内
ウェブ

台風19号が近畿地方に接近中

  • 2019年10月10日
  • tenki.jp

台風19号は日本の南の海上を比較的遅い速度で北上しています。台風は、このあとも北上を続け、近畿地方には12日(土)に非常に強い勢力で近づく見込みです。

あす11日(金)は台風の影響が次第に強まる

きょう10日(木)は高気圧に覆われて大体晴れますが、夕方以降は台風の外側を取り巻く湿った空気が流れ込むため雲が多くなるでしょう。あす11日(金)は暖かく湿った空気がさらに流れ込みやすくなるため、雲の多い天気が続き、夜には雨雲が届きはじめる見込みです。台風の影響による雨はあすの夜からですが、風の影響はそれよりも早く出てくるでしょう。

ウネリはすでに到達、風の影響はあす11日(金)昼ごろから

画像B

台風19号の周辺では、広い範囲で非常に強い風が吹いています。近畿地方では台風からまだ離れているあす11日(金)の午後にも、北東の風が強まってくる見込みです。その後、あさって12日(土)にかけては、北東から北の風がさらに強まる見込みです。太平洋沿岸では、すでにウネリが届いていますが、あす11日(金)は波が急速に高まって、9メートルの猛烈なシケとなる恐れがあります。日本海側でも次第に波が高くなるでしょう。沿岸部では強い風と高い波に注意・警戒が必要です。

台風への備えはきょうのうちに

きょうは日中、秋晴れの所が多いため、飛ばされやすいものは、穏やかな天気のきょうのうちに建物の中にしまうと安心です。また、道路上に落ち葉などが見られるようになってきているため、道路や側溝付近には葉っぱが溜まり始めている箇所があります。排水が追い付かなくなると、道路上に水があふれたりして危険を招く可能性があります。側溝の掃除なども、きょうの内に行っておくと良いでしょう。雨戸の状態の確認も早めに行うようにしてください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp