サイト内
ウェブ

台風15号本体の雨雲 本州にかかり始める

  • 2019年9月8日
  • tenki.jp

台風15号が関東甲信地方に接近中。8日午後3時頃から、伊豆半島などに台風15号の発達した雨雲がかかり始めました。

台風北上中 本州に台風本体の発達した雨雲かかり始める

画像A

強い台風15号は、8日午後4時現在、伊豆大島の南約170キロの位置にあって、1時間におよそ30キロの速さで北北西へ進んでいます。
午後3時前から、静岡県の伊豆半島に台風本体の雨雲がかかり始めました。午後4時30分に、静岡県天城山では、1時間に25.0ミリの雨を観測しています。また、気象レーダーの解析によりますと、午後4時頃に、静岡県下田市では、瞬間的に1時間あたり100ミリ程度の強さの雨が降ったと見られます。

画像B

台風15号はこの後北上し、8日夜から9日にかけて、関東地方また静岡県に上陸する可能性が高くなっています。このため、関東地方や静岡県では、台風周辺や台風本体の発達した雨雲により、雷を伴った猛烈な雨が降るおそれがあります。大雨や落雷に警戒・注意してください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp