サイト内
ウェブ

強い台風15号 関東周辺に雨雲が

  • 2019年9月8日
  • tenki.jp

強い台風15号のアウターバンドと呼ばれる外側の雲が、関東周辺にかかり始めています。今夕から夜にかけては台風本体の活発な雨雲がかかる予想。

台風15号の雨雲 関東周辺に

画像A

強い台風15号は午前10時現在、八丈島の南約160キロにあって、北西に毎時30キロメートルの速さで進んでいます。中心気圧は960ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルになっています。台風の中心から90キロ以内では風速25メートル以上の暴風が、東側280キロと西側190キロ以内では風速15メートル以上の強風が吹いています。
台風は、強い勢力を維持し暴風域を伴って伊豆諸島近海を北上し、8日夜から9日にかけて関東甲信地方または静岡県に上陸して、通過するおそれがあります。暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒し、大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。
関東甲信地方から静岡県では、8日夕方から9日明け方にかけて、台風周辺や台風本体の発達した雨雲がかかり、雷を伴った猛烈な雨が降ると予想されています。また、東北地方でも9日は非常に激しい雨が降って、大雨になるおそれがあります。9日正午までの24時間に予想される雨量は、関東甲信地方と東海地方で300ミリ、伊豆諸島で200ミリ、東北地方で150ミリ。その後、10日正午までは、東北地方と東海地方で約50ミリの予想です。
台風情報に注意するとともに、地元自治体からの避難に関する情報に、ご注意下さい。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp